関西まうんてっく運営事務局ブログ【一期一会】

トモに、とことん登山を楽しみたい!をモットーにしたアウトドア活動ブログです。具体的には(* ̄∇ ̄)ノ
ハイキング、クライミング、BBQ、その他もろもろ(^^)b
基本的には、山中心のブログです(●^o^●)♪目指すは、アルプス!!日本100名山制覇!!夢は、大きく♪
道程は、遠い┐('~`;)┌ですが。。。
いやいや千里の道も、一歩から。・゜゜(ノД`)そんなこんなで、よろしくお願い致しますm(._.)m
主催しているアウトドアサークルです(●^o^●)宜しくお願い致します。

~関西まうんてっく~【アウトドアサークル】
http://tulurikatamenase.jimdo.com

《個人》富山県 立山 龍王岳クライミング!!アルプスデビュー♪

いよいよ…北アルプス立山の龍王岳(りゅうおうだけ、)クライミングへ行ってきました〜〜(*^_^*)




に…二週間ぶりの立山です。二週間前の雪渓が様変わり…

めっちゃ美しい‼️

( ̄O ̄;)



龍王岳❓W(`0`)W


…知らん( ゚д゚)

と言う方が多いのでは❓

二週間前に、立山三山縦走を致しましたが、一ノ越(いちのこし)や雄山と向かい合う標高2872mのお山です(^。^)

見た感じ…ゴジラの背中に見えます(⌒▽⌒)東尾根から登りました。
好天に恵まれ、快適なクライミング日和となりました(^。^)

それでは、行ってみましょう‼️


今年の目標に掲げたアルプスでの初クライミング╰(*´︶`*)╯♡

龍王岳自体、クライミングレベルは高くありませんが

アルプスクライミングデビュー戦としては、もってこいの場所やー‼️とのお師匠さんのお言葉です(*´꒳`*)


この日の為に、いっぱい事前練習を行いましたー(*^◯^*)



■7/13(金)


ロープウェイ立山駅前駐車場到着(18:30)

〜車中泊(20:00就寝)


■7/14(土)

ロープウェイ立山駅〜美女平駅〜室堂駅

一ノ越〜龍王岳東尾根取付付近〜時間があったので浄土山〜今宵はツェルトビバーク訓練…18時には就寝


■7/15(日)

5時起床、6時より龍王岳東尾根アタック開始〜龍王岳山頂〜富山観測所〜一ノ越〜室堂駅〜美女平駅〜立山駅


(携帯品)

地図 コンパス、ツェルト3張、雨具、防寒具、 コンロ3(ボンベ各人1) 

ロープ4(9mmx50m、10mmx50m)登攀ギヤー類(クイックドロー(各4)、

カム(2セット)、スリング(各5本ビナ付き)ハーネス、ヘルメット)軽アイゼン、


 
今回のメンバーは御大2名。弟子6名。

総勢8名となります。(*≧∀≦*)



夜の立山駅を散策〜〜(^.^)

今回は、前回同様。富山県側から入山しました。)^o^(

連休の混雑を、ある程度避けるため。早めの行動開始です=(^.^)=

前日車中泊となりました(^_−)−☆



季節外れ感…ありますが(^-^;

電飾が綺麗でしたー(^ー^)



5時起床にて、室堂行き往復ロープウェイ&バス乗車券を購入する為に並びます.°(ಗдಗ。)°.

めっちゃ…並んでるし(−_−;)


ロープウェイの発券場…満員(;´д`)


ロープウェイとバスを乗り継ぎ、室堂駅へ!

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎




室堂駅より目指すは、一の越〜龍王岳取り付きとなります( ^ω^ )


I'm



一の越北壁より龍王岳をバックに、全員で記念撮影( ´ ▽ ` )

ホンマ、、、ゴジラや‼️(^◇^;)



一応…私も記念撮影♪( ´θ`)



龍王岳東側取付付近に移動( ´ ▽ ` )


本日のビバーク予定地(^.^)




ツェルトテント設営〜〜(*^_^*)






時間が余ったので、軽く浄土山見学‼️

(((o(*゚▽゚*)o)))



富山観測所より龍王岳を望みます(^.^)

明日は、ここより下山して参ります!



前日、前夜祭を開催٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

北アルプスの雪解け水で、キンキンにビールが冷えましたー( ´ ▽ ` )♪


乾杯♪



今宵は、龍王岳取り付き近辺にて、ツゥエルトビバーク訓練となります(−_−;)


めっちゃ寒いんやろーなー(><)


なーんて事を思いながら、前夜祭はビールで乾杯♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


雪解け水で冷やしたビールはキンキンにチベたい。゚(゚´ω`゚)゚。

めっちゃ美味しかったです(*^◯^*)


ビールを飲んだ後は、ウトウトと就寝

(( _ _ ))..zzzZZ


やはり…2時に寒さで。。。起床

Σ(゚д゚lll)

今回は、着衣は上下ダウンとテントスリッパ。

エマージェンシシートを被るのみです。

.°(ಗдಗ。)°.

耐えれない寒さてあれば、シュラフ使用許可を受け賜りました!


ど。。。どんな罰ゲームやねん❓(ーー;)


でも、この景色を見ながら飲むビールは、格別です♪(v^_^)v

本日は、星空を見ながら就寝です(^.^)

ロマンティック♪



目覚めの朝〜〜(⌒▽⌒)

めっちゃピーカン♪良い天気です)^o^(




5時起床→6時出発‼️

龍王岳取り付きより東尾根正面に向かいました。



標高約2600m付近の取り付きよりスタート

(=´∀`)

3パーティーに分かれて龍王岳頂上を目指します(●´ω`●)







登りやすさ快適マックスなフェースよりスタート。

マルチピッチクライミングとなります。


私。。。1ピッチ目はビレィスタートとなります(^-^)

バディーがリードを行い支点構築。

支点場所にて、ビレィを行なってもらい私が支点場所まで登り、次は、私がリードで登ります(><)

こういった段取りとなります!


練習通り、、、


練習通り、、、


と自分に言い聞かせ。。。

気は急きますが…支点構築アワアワ状態。


カム…噛まへんやん。


支点崩壊せんやろうか❓:(;゙゚'ω゚'):


めっちゃ、ネガティブ思考…(-_-;)



1ピッチ、2ピッチを抜ければ、コンテ(パーティー同士がロープをつなぎあったまま、同時に行動します)で移動します‼️



時折、北アルプスの雄大な景色に目を盗られますΣ(・□・;)

必死なので、眺めてる余裕がありませんでしたー(⌒-⌒; )




超えても、超えても…新たな壁が出現‼️


さ。。。さすがゴジラの背中…(;´Д`A




龍王岳東尾根コースは、ルートの取り方次第で…易しかったり難しいルートに変貌します( ;´Д`)


アルプスクライミングデビュー戦の緊張感。北アルプスの景色。ここに辿り着く葛藤など様々な思いが、駆け巡りました。

心底、今を楽しみました。









時間が経つにつれ、心に余裕も出てきました

(*≧∀≦*)



龍王岳東側ルートより登頂‼️

٩( ᐛ )و






師匠と全員が握手で讃えました(*^◯^*)


好天に恵まれ、最高の仲間と貴重な体験をさせて頂きました。


しばらく、自分達が登ってきた場所を見つめていました。


自分なりに、ずっと憧れたアルパインクライミング。


曲がりなりにも、やっとスタートに立つ事が出来ました。


ここから、自分の思い描く登山が、始まるんやろうな…

と考えました。


「この感覚。たまらんやろ。もう、やめられんぞ。」


と、、、師匠に声を掛けられました。

Σ(・□・;)


いつも思うんですが、何で…今思っている事が分かるんやろ❓

(^◇^;)



龍王岳頂上部にて記念撮影(*^◯^*)♪


最後は、全員が怪我なくクライミングを終了出来たので、安堵の顔です(^_-)


ありがとうございましたー‼️

(*´◒`*)

《個人》奈良県 平城宮跡 〜古の都をぶらり旅〜


7月8日(日曜日)


日本列島を襲った大豪雨…

交通機関やライフラインは麻痺状態。

(−_−;)


大豪雨が嘘のように、晴れ渡りました(><)


梅雨から一気に夏空と変貌し、直射日光が痛すぎ〜(><)


奈良県 平城京宮跡に行って参りました〜〜‼️


(平城京とは❓)


平城京(へいじょうきょう/へいぜいきょう)は、奈良時代の日本の首都。唐の都「長安」や北魏洛陽城などを模倣して建造されたとされ、現在の奈良県奈良市及び大和郡山市近辺に位置していた。


歴史


藤原京から平城京への遷都は文武天皇在世中の707年(慶雲4年)に審議が始まり、708年(和銅元年)には元明天皇により遷都の詔が出された。しかし、710年(和銅3年)3月10日 (旧暦)に遷都された時には、内裏と大極殿、その他の官舎が整備された程度と考えられており[1]、寺院や邸宅は、山城国の長岡京に遷都するまでの間に、段階的に造営されていったと考えられている。恭仁京や難波京への遷都によって平城京は一時的に放棄されるが、745年(天平17年)には、再び平城京に遷都され、その後784年(延暦3年)、長岡京に遷都されるまで政治の中心地であった。山城国に遷都したのちは南都(なんと)とも呼ばれた。


810年(弘仁元年)9月6日、平城上皇によって平安京を廃し平城京へ再び遷都する詔が出された。これに対し嵯峨天皇が迅速に兵を動かし、9月12日、平城上皇は剃髪した(薬子の変)。これによって平城京への再遷都は実現することはなかった。






まずは、朱雀門が出迎えてくれましたー

( ̄O ̄;)

で…でかい(;´д`)


(朱雀門とは❓)


平城京の入り口である羅生門をくぐると、約75mもの幅をもつ朱雀大路がまっすぐ北に向かってのびていました。そしてその4km先には平城宮の正門である朱雀門が建っていたのです。 朱雀門の前では外国使節の送迎を行ったり、時には大勢の人が集まって歌垣なども行われました。正月には天皇がこの門まで出向き、新年のお祝いをすることもありました。朱雀門の左右には高さ6mの築地がめぐり、130haの広さの宮城をとりかこんでいました。 朱雀門は衛士たちによって守られ、常時開いていたわけではありませんが、宮の正門としての権威とともにその勇姿を内外に誇示していたと思われます。




朱雀門をくぐると、第一次大極殿院が‼️

( ゚д゚)

遥か…向こうに見えました( ̄O ̄;)


700年代に、これだけデカイ建物を作ってしまう技術にビックリです(−_−;)


(大極殿院とは❓)


平城京の正門である羅城門と平城宮の正門である朱雀門を結ぶ朱雀大路の延長上、宮の中央には、南から北へ向けて緩やかに傾斜する空間が広がっています。この場所を、第一次大極殿院と呼んでいます。


 大極殿院は、天皇の即位や元日朝賀などの国家儀式、あるいは外国使節の歓迎の儀式がおこなわれた施設です。平城宮には大極殿院と想定される地区が、この他にも東隣にもう一か所あります。 


 このうち第一次大極殿院地区は、710年の平城京への遷都当初から740年に恭仁京へ遷都されるまでの間、大極殿院が置かれていたところでした。南北320m、東西180mの範囲を築地回廊で囲み、南半分を広場とし、北半分では磚(せん、粘土を焼き固めた灰黒色の煉瓦)積みの擁壁を設けて高い壇を形成し、天皇の座がおかれる建物である大極殿を配していました。




大極殿から朱雀門を望む(^_^)



朝廷玉座です。


現地では、ボランティアガイド様が懇切丁寧に、平城京を説明してくれるので(^ν^)

大変、勉強になりましたー( ^∀^)



しかし、謎が多い古代ミステリーなんですよね〜〜(;´д`)


710年(ナント素晴らしい)平城京‼️


794年(泣くよウグイス)平安京‼️


っとありますように、平城京は84年間しか首都機能として存在してないんですよね〜

(−_−;)

それには、色々な説がありますが、、、


古代ミステリーってのが、謎すぎて…


歴史は想像(創造)出来るから楽しいんですよね〜(^ν^)


最後に、朱雀門前に無料の歴史博物館があるので、往時を分かりやすく説明して頂けます

(*^_^*)

《イベントハイク》京都 るり渓ハイク♪


7月1日(日曜日)


久々のイベントハイク♪開催です(*≧∀≦*)


雨が恨めしや〜〜(><)


梅雨の時期は、イベント中止が多くなります

(−_−;)


本日は、快晴‼️(^ー^)


しかし…暑い日が続いてますので、、、

(;´д`)


涼を求めて‼️京都 るり渓ハイク♪を計画しました(*^_^*)


それでは、行ってみましょう♪



◆るり渓の説明(※るり渓…「京都の自然200選」地形・地質部門選定)

るり渓は南丹市園部町の南西端で、大阪府、兵庫県に隣接するところにあります。この谷は、東に半国山 (標高774メートル) 、西に深山(標高791メートル)をひかえ、標高340メートル~530メートルほどで起伏の緩やかな高原状の山地にできた全長約4キロメートルの浸食谷です。谷の流れは園部川に注ぎ、やがて桂川となります。

渓谷を囲む山々は、スギなどの植林やアカマツ・コナラを主体とする雑木林からなっています。

渓谷をつくる岩石には、京都府内では珍しい溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)という火成岩が見られます。この岩石は、白亜紀(約1億3千5百万年前から7千万年前)の火山活動によってできたものとされています。


◆ルート



るり渓12勝とよばれる名所の散策コースとなります(о´∀`о)



鳴瀑よりスタートです(*^_^*)



鳴瀑→渓流歩道入口を歩きます(^_^)



ここからが、渓流歩道入口となります

(*≧∀≦*)




木々が暑い陽光を閉ざし、川の流れが天然のクーラーとなり、涼しい限りです(*≧∀≦*)




聴こえてくるのは、川のせせらぎだけです!

(๑>◡<๑)



遊歩道は、歩きやすくはありますが、滑りやすくもありますので、注意が必要です(^_^)




様々な滝の様相を見せてくれるので、美しい滝の流れに目を奪われましたー(*´∀`*)

個人的には、赤目48滝より見応えがあるのでは❓( ̄O ̄;)っと思いましたー╰(*´︶`*)╯♡



滝の締めくくりは、通天湖の滝のカーテンです

(^_−)−☆



全員で記念撮影(●´ω`●)


ゆっくり、まったりと過ごすことができましたー(^^)v


皆さま‼️お疲れ様でした〜〜(*´◒`*)